つりぽすといっと。

釣りや関係する日々の出来事を書いていこうと思います。

メーカーの無料カタログについて

どうも一般人です ノシ

 

ーーーーーーーーーーーーー

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

↑クリックで応援よろしくお願いします!

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

最近の無料カタログは十分に素晴らしいと思います^^

各メーカーから大体、年に1回ほど出ていますが、無料マガジンみたいに年に何回か発行されるメーカーも!

 

↓こんな感じの本が釣具屋に置いてありますよね?

 

無料カタログ

無料カタログ

 

表紙だけでこれ全てのカタログがどこのメーカーか分かった人は通だとおもいます^^

1番下の白いカタログが難しいかも・・・

 

釣具屋で無料配布していたり、商品を購入して貰ってきた物です。

募金形式にされている釣具屋もありますね^^

 

 

中身の写真は著作権とかあったらいけないので載せれませんが、勉強になる事が沢山のっています。

 

 

私が勉強になると思っていいること

 

其の一

商品の使い方解説が判り易く紹介されている点です。HP等でも紹介されていますが、実際の釣行などのシーンをまじえての解説が掲載されており判りやすいです。

 

其の二

ルアー潜行レンジが判り易く図になっている場合があります。HPでは操作しないと見難い場合がありますが、カタログだと比較が簡単に出来る場合があります。

 

其の三

餌の配合比率や沈降速度の違いなどが判りやすいです。其の二と似ていますね。

 

其の四

自分が知らなかった・興味が無かった商品が掲載されており新たな発見に繋がります。

特にカタログだと近所のお店に置いてない商品も掲載されており、知識の幅が広がります。

私が興味が無い分野だと使い方が分からない商品や、何でこんな形になっているのか分からない商品もあります(笑)

 

其の五

これから始めようと思っている分野の資料になります。お店やネット・動画等での情報収集も必要ですが、大体の出費や必要な道具が分かります。

 

 

パッと考え付いたのが以上5点ですが他にも勉強になる点があると思います。

それだけ濃い内容なのに0円なんです。素晴らしいですね!

 

 

ただし、紹介されていた商品が欲しくなってきます・・・

メーカーの戦略に、まんまと嵌ってしまってます(笑)

 

 

この無料カタログですが、もちろん制作費が掛かっています。

最近ではネットカタログのみのメーカーも増えてきているのでしょうか?

部数が少なくなっている気がします。

どうしても営利企業なので仕方がありませんが、無くならないといいなと思っております。

 

 

 

いつも読んで頂き、ありがとうございます。

 

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

 


九州釣行記ランキング

 

<  ↑ 宜しければクリックで応援をお願いしますm(_ _)m

私の、やる気アップに直結します。